女性がつながり変えていく‐「グリーン・ウィメンズ・ネットワーク」にご参加ください

「グリーン・ウィメンズ・ネットワーク」とは

各地に点々とちらばっている同じ想いの女性たちがつながって、線となり束になって大きな声を政府、企業に届け、環境問題を解決に導きます。

「セヴァン・スズキさんからのメッセージ 国際女性デーによせて」

2014年の国際女性デー(3月8日)によせて、カナダ出身で環境保護活動家のセヴァン・スズキさんから力強いビデオ・メッセージをいただきました。ぜひご覧ください。

女性のネットワークで何が変わるの?

世論調査を見ると、3.11以降、常に女性のほうが男性よりも脱原発を望んでいることが明らかになっています (*1)。

女性の政治は、生活、生命に価値をおき、環境、福祉、教育、平和などの政策をリードし、脱工業化時代に典型的な政策で、コミュニティー全体の利益を増進する傾向にあります (*2)。

しかし一方で、日本は男女間の格差が世界135ヵ国のうち101位と、世界の中でもっとも男女平等が遅れている国のひとつです(*3)。
政治的意思決定の場で女性の声はほとんど反映されていません。

女性の政治参加率を表すグラフ

女性の声をネットワークの力でより大きく政治や企業に届ければ、脱原発をはじめとする環境問題はより早く、より多く解決できるはずです。

  • (*1)参考文献 『女性が政治を変えるとき』ミランダ・A・シュラーズ(Miranda A Schreurs)、五十嵐暁郎共著(岩波書店)
  • (*2)朝日新聞2012年3月調査。原発の再稼働に反対する男性47%、女性67%
  • (*3) 世界経済フォーラム 「男女格差報告」2012年

「グリーン・ウィメンズ・ネットワーク」は、

  • 各地でお話し会・交流会
  • アクションを各地ネットワークで呼びかけ
  • 各地で活動する女性をグリーンピースのウェブやニュースレターで紹介などを行います。
  • メルマガ・フェイスブックで情報提供

未来の世代も豊かな自然とともに暮らせるよう、女性ネットワークを各地で広げ、つながって、大きな力にしてゆきましょう。
もちろん賛同してくださる男性のご参加も大歓迎です。
ぜひご参加ください。

グリーン・ウィメンズ・リーフレット(PDF)はこちらからダウンロードできます。 >>
ぜひ周りの方にも広めてください。

photos(c): Greenpeace /Jeremy Sutton-Hibbert, Masaya Noda, Greg McNevin

ご登録フォーム

お話し会は、周囲の方を集めていただいて、グリーンピースの担当者がお話に伺うものです。
メッセージ欄で気軽にご相談ください。
こちらから折り返しご連絡します。